美容師のメリットは、手に職がついているお仕事になるので、自分の腕でどこまでも収入を伸ばしていくことができる可能性があるという点が大きいと思います。

若いときはサロンワークで技術を身に付け、お客さまがたくさんついたら独立して開業するという手もあります。
ある程度繁盛すれば、収入はサロンワークとは比べ物にならないほど上がりますので、自分の力でどんどん稼ぎたいという方にはとても適した職業であるといえます。

また、独立後は定年がないので、体が動く限りいくつになっても働くことができるのもメリットのひとつです。
とある有名美容室の大先生は、なんと72歳になっても現役で活躍されています。
働くことで若々しくいられるという方も多いかと思いますので、そういった方にはやはり美容師の仕事は向いています。

また、小規模の運営でもそれなりの利益を上げられるのが美容師の魅力。
独立後、店舗を借りてサロンを運営する場合は家賃などがありますので、ある程度まとまった利益を得る必要がありますが、自宅を改装してサロンにし、従業員は雇わずローンが完済したと仮定すると、一日数人の施術を行うだけである程度の収入が見込めます。

例えば1人の方のカットが3,500円だとして、もう1人のお客さまはカットとカラーで10,000円弱だとしましょう。
それだけでももう13,500円の売り上げです。
家賃はありませんし、カラー剤や水道代などの一日の経費は微々たるものですので、純利益で考えても1日10,000円近い収入となるのです。
週1回のお休みだとして、1ヶ月30日で休日を除けば、1日2人の施術を行うだけで26万円近い収入になります。
もっと入ればその分収入は上がりますので、かなり稼げてしまいますよね。

そして、美容師のメリットとして最新の美容情報をいち早く入手できるということも挙げられます。
ディーラーさんが、新商品が出たらいち早く知らせてくれます。
新製品はシャンプーなどのヘアケア製品だけでなく、コスメを展開しているところも多いので、美容全般の最新上をいち早くゲットできるのです。
またそれらの商品を社員割引で購入できるのも大きな魅力。
スタッフセールでは最新の美容機器が半額で購入できることもあるようなので、これは本当に助かりますね。

美容師の仕事は、苦労してスタイリストになるだけあり、とてもメリットの大きい仕事だと思います。
一人前になるまでは大変ですが、その分一人前になってからの喜びは大きいので、頑張って練習にはげみましょう。