人気の職業である美容師

019974美容師という職業は、美容業界の中でも中心的な存在。
ヘアカットやカラー、パーマなど髪に関する施術を施す仕事が中心となりますが、そのほかの美容に関する業務を行っているサロンもとても多いです。

美容師の仕事は、かなり昔はすごく人気の高い職業というわけではありませんでしたが、ふた昔ほど前に「カリスマ美容師」などがかなり流行ったあたりから、一気に大人気の職業になりました。
大学を卒業してから美容師の専門学校に通って美容師を目指す、という方も少なくなく、今でも美容師志望の人は年々増加傾向にあります。

向いている人は

美容師に向いている人は、やはりヘアスタイリングが好きな人、髪を整えたりすることが好きだという人が挙げられます。
施術は一見簡単そうに見えますが、実はかなり細かい作業で、手先を自由に動かすことができないと、なかなか大変。
もちろん、器用ではなくても毎日練習を重ねることで確実に技術は向上していきますので、不器用でもやる気があればできますが、モチベーションを維持するためには、やはり「好き」という気持ちがとても重要になってくると思います。

また、美容師という職業は昔からかなり体育会系で、上下関係がはっきりしている仕事でもありますので、こうした面でも施術をすることが楽しい、という気持ちが維持できないと、くじけてしまうこともあるかもしれません。

そして、施術中に顧客と会話をすることも大切な業務のひとつとなりますので、人と会話をすることが好きであること、得意であるということも重要な要素になります。

この顧客との会話についてはかなり奥が深く、美容師とたくさん話をしたいという人もいれば、あまり喋りたくないという人もいます。
今施術をしている顧客がどちらのタイプであるかということを、顧客に直接聞かずに自分で判断しなければならないので、人を見る洞察力もとても重要。
また、顧客ばかりに話をさせてもいけませんし、自分の話ばかりするのもよくないので、会話のバランスを取ることができる「空気の読み方」も大切になります。

新人スタイリストのころは、まだ会話がスムーズにできないこともあるので、上司や先輩スタイリストから接客についての指導を受けることも多いようです。
けれど、そう言われてもなかなかできない、と思うこともあるでしょう。
しかし毎日たくさんのお客さまと触れ合うことで、会話のタイミングもつかめてきますし、その人に合わせた話の内容もわかってきます。
めげることなくお客さまに喜んでいただくための努力をしていくことが大切です。

ここでは美容師という職業について詳しくご紹介しています。

必要な資格
◇やりがい(作成中)
◆メリット(作成中)
◇デメリット(作成中)