必須ではないが当たり前

美容業界では、資格が必要な職業がいくつかありますが、ネイリストにおいては必ずしも資格を取得していなくても、ネイリストとして働くことが法律上は可能です。
しかし現在ネイリストとして働いている方のほとんどが、何らかのネイル関連の資格を取得していると思われます。

今のようにネイルサロンがたくさん営業しておらず、ネイリストの数も少なかったころは、無資格でも採用されて、働きながら施術技術を学んでいくというケースも少なくありませんでした。
しかし今はネイリストになりたいと考える方が本当に増えてきたので、ほかの志望者と少しでも差を出すために、民間で運営されているネイル関連の資格を取得するようになり、資格もどんどん充実していって、今ではネイリストの間では資格を習得していることは当たり前のレベルになってきています。

まずは「ネイリスト技能検定試験」

ネイル関連の資格の中でも認知度が高いのが、「ネイリスト技能検定試験」。
この資格は、ネイリストを目指す方はまず受験しているといっても過言ではありません。
ネイリスト技能検定は3級から1級までで構成されており、3級は受験資格が特に設けられていないため、義務教育を修了している方であればどなたでも受けることができます。

それ以上の級を受ける場合には、その前の級に合格していることが条件となりますので、必然的にすべての級を受験しなければならないシステムとなっています。

ネイリスト技能検定においては、ポリッシュやアクリルなどの問題も出題されますが、最近はジェルネイルが主流となってきていることもあり、「ジェルネイル技能検定」というものもかなり需要が高まってきています。
こちらの資格はジェルを中心に出題される検定で、ネイリスト技能検定に合格していると免除される課目がいくつかあるため、先にネイリスト技能検定を受験してからジェルネイル技能検定を受けるという方がほとんどです。

プロのネイリストとして仕事をしていくためには、ネイリスト技能検定の1級を取得しているくらいでないと技術レベルが伴わないといわれていますが、1級はかなり難易度が高いといわれています。
ネイルスクールに通われている方でも、2級の実技で不合格となってしまう方がいらっしゃるようですので、その難しさが伺いしれますね。

3級においては独学で学ばれて受験される方も多いようですが、ネイリストとしてすでに活用されている方でない場合は、1級受験においてはスクールに通って学ぶほうが、合格の可能性が高くなるといわれています。
スクールに通うメリットとしては、試験管がチェックするポイントをしっかり教えてもらえることが大きいようです。
独学だとヤマかけのようなことができないので、どこまでやればOKかということがわからず、勉強につまづいてしまうこともあるのだとか。

これからネイリストとして働きたいと考えている方には、資格取得は必須だと思ってよいと思います。
スクールもさまざまありますので、自分に合ったスクールを探すことが大切です。

◇参考サイト:ネイリスト技能検定試験