アロマテラピストとして働くメリットは、「やりがい」の項でも触れたように、お客さまから感謝をしていただけるということがあります。
美容師も同様ですが、こちらからお礼を申し上げることはあっても、お客さまからお礼を言っていただけるお仕事というのはなかなかありません。
感謝されながら仕事ができるということは、働く側にとって大きなメリットだと思います。

次に、アロマテラピストはもともと自分自身がアロマテラピーが好き、アロマテラピーによって不調が解消されたという方が多いので、サロンで働くことで、アロマテラピーの最新の技術や情報をいち早く入手できるということも、大きなメリットになります。

美容業界全般にいえることですが、ほかのサロンより一歩抜きん出た何かを取り入れるために、サロンではさまざまな取組が行われています。
そういった取り組みをいち早く体感できるのは、美容業界で働くものならではのメリットですね。

そのほか、サロンで使用しているエッセンシャルオイルなどの製品を、社員割引で購入できるというのも大きなメリット。
オイルだけではなく、ディーラーさんが持ってくる遮光瓶やビーカーなどの器具についても社割で購入できますので、自宅で使用するアロマテラピーグッズには困りません。
サロンで使用していない商品についても、ディーラーで取り扱いがあれば社割りで購入できるところも多いので、こちらもメリットであるといえます。

さらに新しい技術を取り入れたり、練習のために、スタッフ同士で施術をし合うということもままあり、仕事仲間とはいえプロの施術を無料で受けることができるのも大きなメリット。
新製品を使用した施術を体感できたり、「ちょっと今日お願い」といった感じで業務後に施術をお願いできるサロンもありますので、エステに行く必要がありません。

アロマテラピストをはじめ、美容業界で働くことは大きなメリットがありますので、セラピストを目指す方はちょっと期待できるかも?
もちろん仕事はしっかりとこなさねばなりませんが、アロマテラピーサロンはスタッフ同士の仲がよいところが多く、よい人間関係の中で仕事ができるというのもメリットのひとつ。
メンタル面で悩むことなく働けるのは、女性にはとてもうれしいことかと思います。

アロマテラピーサロンは人を癒やすお仕事ですから、職場がギスギスしていてはお客さまによりよい施術を行えないので、皆さん楽しくお仕事をしています。